教育目標・方針
 

 (1)教育目標
 ○聴覚に障害のある幼児児童生徒一人一人に,教育的ニーズに応じた支援や指導を行い,それぞれの
  もつ能力や可能性を最大限に伸長する。
 ○主体的に自立と社会参加ができるよう,一人一人の生きる力を培う教育の充実を図る。
  ・心身共に健康で,人間性豊かな幼児児童生徒を育てる。
  ・豊かなコミュニケーション力を育て,確かな日本語を養う。

(2)目指す学校像
 ○生きる力を育てる学校 
 ○豊かなコミュニケーション力と確かな日本語を育てる学校  
 ○安全で安心な学校

(3)目指す子ども像
 ○明るく元気な子
 ○やさしく思いやりのある子
 ○自分から考えてがんばる子
 
(4)経営方針(中期目標)
 ア 幼稚部,小学部,中学部の系統性のある一貫した教育を推進し,確かな学力の向上を図る。
 イ 聴覚活用を基本としつつ多感覚活用した指導を取り入れ,確かな言語発達と豊かな
   コミュニケーション力の伸長を図る。
 ウ 健康増進や体力向上を図るとともに,自然体験や社会体験を通した豊かな人間性の育成に努める。
 エ 地域の方々・保護者との連携を密にし,教育実践の深化及び安全で安心な信頼される学校づくりを
   推進する。
 オ 関係機関や地域の幼・小・中学校へのセンターとしての役割の推進を図る。
 カ 教師が意欲的に研究修養に励み,信頼し合いながら自らの専門性・指導力の向上に努める。


(5)本年度の重点目標                            【キーワード】
 ア 聴覚活用指導とコミュニケーション力の伸長による確かな日本語の育成
 (ア)自立活動の実践的・継続的研究           【専門性のある信頼された指導】
 (イ)補聴機器(人工内耳,ループシステム含)等の管理と活用     【聞こえる楽しさ】
 (ウ)多様なコミュニケーション方法の選択と活用       【伝え合い分かり合う喜び】
 (エ)言語発達の段階(言語発達段階表の活用)に応じた言語指導の充実 【豊かな言語活動】
 (オ)視覚的情報提示の充実                    【効果的な情報保障】

 イ 授業研究に基づく基礎・基本の定着と確かな学力の向上
 (ア)教科指導の充実                    【分かる楽しさ・知る喜び】
 (イ)授業研究の活性化              【信頼し合いながら向上させる専門性】
 (ウ)伝え合う・分かり合う授業づくり                 【学び合う学習】
 (エ)教材・教具の工夫と教育機器の利用                 【ICT活用】
 (オ)読書活動と作文指導の充実               【考える力と確かな日本語】
 (カ)教育活動全体を通したキャリア教育           【一人一人のキャリア発達】

 ウ 地域に開かれた学校と専門性を生かしたセンターとしての役割の充実
 (ア)早期教育相談・サテライト教室の充実            【聴覚障害教育の保障】
 (イ)小・中学校に在籍する難聴児や担当教員への支援         【信頼される学校】
 (ウ)地域及び保護者対象の研修会の充実                            【信頼される学校】
 (エ)保護者との連携の充実                     【信頼される学校】
 (オ)聴覚障害教育に関する情報発信                 【信頼される教育】
 (カ)交流及び共同学習の充実                     【認め合う学習】
 (キ)TV会議システムの活用                     【ふれ合う学習】

エ 安全で安心な学校生活と心身ともに健康な子どもの育成
 (ア)自然災害や不審者対応等の取り組み                  【避難訓練】
 (イ)一人一人を想定した対応訓練                 【個別のマニュアル】
 (ウ)体力と運動能力の向上及び望ましい食習慣の形成            【健康な体】
 (エ)信頼し絆を強める人間関係づくり              【学校生活・学校行事】
 (オ)校舎内外環境の美化                    【きれいで美しい学校】
 (カ)部活動の充実                   【学校生活・学校行事・部活動】

 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立霞ヶ浦聾学校